BLOG

BLOG

そもそもHUEGLOSSって?

こんにちは、マーケティング部イシダです。


HUEGLOSSは、昨年3月に先行発売致しました。

huegloss 1剤:現在17色+クリア 2剤:OX2%

2月21日に既存色から3レベルと1レベルの追加5色が加わり、1剤は全22色+クリアになります。

 

 

では、そもそも

HUE GLOSS / ヒュウグロスとは

何なのか? を

ご紹介したいと思います。

 

HUE GLOSSはジャンルで言いますと永久染毛剤です。


通常のアルカリクリームカラーと同じオキシをミックスして

酸化重合させるタイプのヘアカラーです。


ですが、アメリカなどではdemipermanent color ・デミパーマネントカラー
と言われるジャンルに位置しています。

パーマネントカラーは

ナンバースリーリクロマ Cライン

のような通常のヘアカラーになります。



デミパーマネントカラーは

ヒュウグロス

のようなリキッド・液体の染料で、

アルカリ量がパーマネントカラーより極めて少なく

オキシも1%や2%のミックスを推奨。放置タイムも10分ほど。

混合後、ゲルになる“発色だけをメインに”考え作られたカラーです。


簡単に言いますと
「既染毛用のヘアカラー」です。

 

良い部分は

「ダメージの心配が少なく

    仕事が早い」です。

 

仕上がりは

「ツヤが出てハイライトも

    消えにくい」です。

 

 

ヘアカラーをする際は

「根元のプリン」

「既染毛のくすみ」
「既染毛には髪への負担が少ない方がいい」

などなど

ヘアカラーで使う剤を考えなければならない事が、
多いですね!


普通ですと既染毛には、

❶同じ形状の微アルカリカラーを使う。
❷3%オキシやキャンセルオキシなどで既染毛の負担を抑える。

などがあります。

もう一つの選択肢として、
❸HUEGLOSS /ヒュウグロスを使う。 をオススメします!!


様々な髪色や髪質にヘアカラーを行うカラーリストの多い欧米では、

hue gloss

のような仕上がりを、
顧客に年間計画でヘアカラー提案し、

年間1〜2回のハイライト
間の根元だけ定期的にアルカリで。

あとは全体をグロスでヘアカラーを楽しむ目的で

HUEGLOSSのような「デミパーマネント」が使われています。

シャンプー台でも使えます。

日本でも昨今ブリーチやデザインカラーを楽しむ方々は勿論

9レベル以下のブラウントーンにもトーンダウンが可能です。


ただ、カラーチェンジはできませんし、

鮮やかな彩度のある色みは、アルカリカラーには敵いません。

それ以外はとても機能的で幅の広いヘアカラーかと思います。



因みにセミパーマネントカラー(半永久染毛料)は

パーフェット

ヘアマニキュアですね。

 

 

HUEGLOSS・ヒュウグロスを無理やり造語でHUEカラーのようなアルカリカラーと区分けしますと


半永久染毛剤 でしょうか。


次回は既染毛用アルカリカラーとグロスカラーの仕上がりの違いを書きたいと思います。

 

 


							

Share

Category

Archive

Recent posts

no3.co.jp/