BLOG

BLOG

HUEGLOSSと既染毛用の使い方の違い

こんにちは、マーケティング部イシダです。


前回は「そもそもヒュウグロスとは何か?」について
剤としての違いをご紹介しました。


今回は実際の染め上がりから、一般的な既染毛用微アルカリカラーとの違いについて
ご紹介したいと思います。


一般的な既染毛用微アルカリカラーとは

ナンバースリーリクロマ Cライン

のようなクリームタイプ。 アルカリ量を減らし明るくできません。
ファッションカラーと同等の色みをご提案できるヘアカラーになります。

毛髪の負担を極力負担させないよう配慮することができます。

 


【既染毛用微アルカリカラーを使う手順(例 】

 

STEP1 :

根元を希望色のアルカリカラーでリタッチ

 

STEP2 : 時間差またはそのまま中間〜既染部に希望色の既染毛カラーを塗布する。

 

STEP3 : 放置時間は20分目安でチェックする。

 

STEP4 :

シャンプーから仕上げになります。

 

薬剤選定の例】

ベース 12Lv

根元 : アルカリ9Lvブルーをオキシ6%

毛先 : 微アルカリ9Lvブルーをオキシ3%(またはナチュラルをMIX)

仕上がり9〜10Lvブルー

 

詳しくはカタログをご覧ください。

 


では、HUEGLOSS / ヒュウグロスは?

 

HUE GLOSS

同じ使い方はできますが、

オススメの使用方法は違います。

 

 

【HUEGLOSSの使い方プラン】

 

STEP1 :

根元をナチュラル系アルカリカラーでベースを整える。

 

STEP2 : 放置時間7〜10分ほどで明るさを確認。

 

STEP3 :

シャンプー

 

希望色でグロスオン

1シャンプー後に希望色のグロスを全体に塗布する。

 

STEP4 : 10分ほどでチェック

1シャンプー仕上げ。

※根元はアルカリに任せ、色はグロスで行う方法です。

 

薬剤選定の例】

ベース 12レベル

根元 : HUE 9Lvナチュラルファッジをオキシ6%

全体 : HUEGLOSS 6Lvブルーをオキシ2%

仕上がりは9〜10Lvブルー

 

 


ここで何故6Lvを選んでいるのか?

理由は次回「グロスのレベル設定」でご説明します。

 

HUEGLOSSのマニュアルはトップページからDLできます。

 

是非ご覧ください。

 

セット面でもグロスはできます。

 

>>シャンプー台での塗布

 

カズミ・モートンさんによる

“色むら修正”や”根元を馴染ませるグロス”の解説はこちら↓

 

 

>>HUEGLOSS “color correction”

 

>>HUEGLOSS “root tap”

 


							

Share

Category

Archive

Recent posts

no3.co.jp/