BLOG

BLOG

グロスのレベル設定について

こんにちは、マーケティング部イシダです。

前回に続き

既毛用の9レベルと、

グロスの6Lvは同じ トーンダウン幅になります。

それでは実際に比較した写真をご覧ください。

左 リクロマC9Lvベージュ、右はヒュウグロス6Lvベージュ

 

根元9Lv 毛先11〜13Lvのムラ染め

使用薬剤は

左 リクロマCライン 9LvベージュをOX2.8%

右 ヒュウグロス 6LvゴールドベージュをOX2T

 

 

両方既染毛用なんですが、

 使うレベルが違います。

 それはヒュウグロスが

  10段階の濃度設定

      のためです。

 

明度では無く

入っている染料の濃さ

(濃度)

設定されています。

 

【アルカリカラーと比較した場合】

12Lvはヒュウグロスでは9Lv           9Lvはヒュウグロスでは6Lv

6Lvはヒュウグロスでは3Lv            3Lvはヒュウグロスでは1Lv

になります。

ナンバースリー比較 左リクロマC 右ヒュウグロス

 

薬剤の形状は以上のように違います。

リクロマCラインはクリーム

ヒュウグロスは液体です。

 

 

塗布量と時間の違い

 

 

ヒュウグロスは液体からゲルになります。

ヒュウグロスは使用量と放置時間が半分で同程度とします。

 

左 RECROMA C9/B 4g 20分

右 HUEGLOSS 6/GB 2ml 10分

 

 

仕上がりは

 

両方の毛先は同じレベル(10〜11Lv)の仕上がりになりました。

 

RECROMA C-9/B

 

huegloss 6/GB

 

ベージュの色みが入り、落ち着きました!

 

2〜3Lvほどダウンしています。

 

 

Cライン→ムラが馴染んだ

グロス→束感とツヤ、纏まりUP

 

大ダメージ毛など、

クリームでは塗布に時間が。。

毛先が痛みそう。。

など考えるとグロスはオススメです。

 

 

《検証まとめ》



①使い方

既染毛アルカリカラーは根元と毛先の塗り分け対応。

グロスはリタッチ後に水洗、シャンプー台やセット面で被せる使い方を推奨。



②色の持続と放置時間

グロスは浸透が早いので放置10分。クリームは20分。

毛髪が同じ条件、同じ明度であれば違いは少ないですが、

アルカリやオキシの%が少ないグロスの方が色は残りにくい。



③手触りツヤ感

既染毛用アルカリカラーは「シットリ」

グロスカラーは「ツルツル」

 

ダメージに配慮した長期的なご提案に

「ヒュウ グロスカラー」という選択肢は如何でしょうか?

HUEGLOSSのマニュアルはトップページからDLできます。

 

是非ご覧ください。

 

 

退色した髪にもヒュウグロス

 

2019年2月21日に現行3/Nのみでしたが、色相3Lvが揃います!

退色した9Lv以下にもグロスのトーンダウンがわかりやすくなります!!

 

 

 

Share

Category

Archive

Recent posts

no3.co.jp/